home > インプラント

歯科用インプラント

インプラントとは

インプラントとは、歯の抜けたところに、人工の歯根を植え、顎と骨と固定した後、その上に人工の歯を装着する治療法です。
インプラントはいままでのブリッジ(Br)とは違い、他の歯に負荷がかからず、天然歯と変わらない食感を感じることができる、第2の永久歯と言われています。

従来の治療との比較

■ インプラント
< <利点>>
・天然歯のような美しさでよく噛めます。
・周りの歯を削ることはありません。
・取り外しの必要はありません。

< <欠点>>
・手術が必要なため、治療期間が長くかかります。

■ 義歯
< <利点>>
・歯を削る量は少なく、比較的簡単な治療になります。

< <欠点>>
・金具が目立ち、違和感が大きく、残っている歯に負担をかけます。
・取り外す必要があります。

■ Br(ブリッジ)
< <利点>>
・見た目もよく安定しています。
・取り外しの必要はありません。

< <欠点>>
・台となる隣の歯を削るため、場合によっては、神経をとる場合もあります。

インプラント手術の様子

当院では安心で安全なインプラント手術を目標に、日本口腔インプラント学会 認定のインプラント専門歯科衛生士のアシスト、手術環境の整備、術中の血圧・酸素飽和度・脈拍のモニター等で患者様の全身状態を管理しながら、他の患者様の予約を全て入れない中で手術を行っています。

インプラント専門歯科衛生士の資格を持った衛生士がいますので安心してご相談ください。

「インプラント専門歯科衛生士」とは、日本口腔インプラント学会によって、インプラントに関する専門知識と3年以上インプラント治療に関わっている経験、インプラント治療介助やメンテナンス経験実績など、様々な条件を満たした歯科衛生士にのみ与えられる資格です。

各症例ごとの治療方式比較

歯が1本抜けた場合

《インプラントの場合》
無くなった所に、人工の歯根を立てるため、周りの歯を削りません。また、噛んだときに周りの歯に負担を与えなくてすみ ます。

《Br(ブリッジ)の場合》
周りの歯を削るため、他の健康な歯も削られてしまいます。また、噛むときに、歯のない部分の負荷を周りの歯がするので、負担がかかり、健康な歯が傷みやすくなります。

歯が部分的に抜けた場合

《インプラントの場合》
義歯のように金具がないので、違和感も無く、食べ物が入る心配もありません。また、取り外す必要はありません。(義歯が動かないように、インプラントを併用する場合もあります。)

《Br(ブリッジ)の場合》
周りの歯を削るため、他の健康な歯も削られてしまいます。また、噛むときに、歯のない部分の負荷を周りの歯がするので、負担がかかり、健康な歯が傷みやすくなります。

《義歯の場合》
義歯の固定をするため、健康な歯に金具をかける時に、違和感があります。また、義歯との間に、食べ物がはさまり、痛みを伴う場合があります。 取り外しが必要です。

インプラントオーバーデンチャーについて

インプラントオーバーデンチャー

一般的な冠・ブリッジやインプラント修復の他に、歯の欠損が多くなり、固定式のインプラント修復にするには、埋入本数が多くなる患者様のために、インプラントと義歯を併用した治療も取り入れています。

 

利点
① かむ力をインプラントがしっかり支えるので」義歯の横ずれ、沈み込みが減り、痛みが無くかみやすくなる
② 将来的に義歯の欠点であるあごの骨の吸収(やせ)が起きにくくなる
③ インプラントの本数が少なくすむので、経済的に負担が少なくなる

欠点
① 固定式のインプラントと違い、一般義歯と同様に取り外しが必要となる
② 治療期間が一般的な義歯より長くかかる。

お客様の声 (60代男性)

若い頃の、噛むことを何も気にせず食べる感覚を思い出しました。
以前のような口の中でストレスを感じることが無くなり喜んでいます。

△ ページの先頭にもどる

山田歯科医院について

診療日カレンダー

スタッフの紹介

お客様の声

山田歯科医院

診療時間

午前:9:00~13:00
午後:14:00~18:00
木曜・ 日曜・祝日は休診

〒933-0045
富山県高岡市本丸町13-39
TEL:0766(25)0073

山田歯科医院 院長ブログ

山田歯科医院 スタッフブログ

山田歯科医院 携帯サイト